Home » Archive: 9月 2010

柿が実をつけました・・♪

我が家の庭の柿の木・・・頑張りました。

ここ数年、全く実がならずに(その代わり?)葉っぱだけが異常に大きく成長してた柿の木ですが、今年はたくさんの実がなったんです。というのも、庭のお世話(管理)をお願いしてる造園の方に「植え替えした方がいいのか?・・・」と相談したら、「さすがプロ!!」という対処して下さったからなのです。

樹木はあまりにいい環境だと、「頑張らない」そうで、木の根元に傷をつけてイジメるのだそうです。そうすれば、子孫を残すために実をつけたり花を咲かせたり・・と頑張るそうです。それで前回の剪定の時に刃物で2列、切り傷を付けられました。するとどうでしょう!・・・「大変だ!!」って(思ったのか?)その下から新しい芽が出てきたり、たくさんの実をつけたり、少々荒っぽい方法ですが、まさに子孫を残そうと頑張ってくれて、おっしゃった通りになって感激してます。

この夏はあまりの暑さにあまり庭に出る事もなかったんですが、これからは庭でひとりお茶でも飲みながらこの柿たちが段々色づいていく様子楽しみに観察したいと思いま~す。あっ、トールもやらなきゃ~です。

日帰りで湯布院へ~。

:-D 昨日、ちょっと遠出のドライブ楽しんできました。

前日の雨が残る午前中でしたが、予報では段々晴れるって事だったので、朝から

「どこかへ行こうか?」・・・・・「湯布院へ行こう!」って、主人と2人で出発!!

やっぱ山の中はこの天気。前がほとんど見えないくらいの霧雨・・・「大丈夫かな?」一応傘は持ってきたけど、せっかくの由布院町散策なのに・・。と思いながらの行き道でした。途中道の駅でトイレ休憩の時、車を出ると「ひゃ~寒い」ってビックリ。温度計は16℃、確かに気温が下がるとは言ってたけど、ま・まさかこんなに??

なんだかこのまま行っていいものやら不安になりながら、とにかく湯布院目指して車を走らせました。助手席の私は、お決まりのウトウトねんねタイムになり、ふと気がつくと(っていうか目が覚めると)そこは由布院の町に入ってました。霧雨もなく爽やかな済んだ空とひんやりした空気とに「秋」を感じました。

とにかまずはく腹ごしらえ。和食のお店で「季節のおまかせ御膳」を頂き、大好きな由布院の町(湯の坪通り)を歩きながら、オルゴールの館・蜂蜜ショップなどジグザク歩き、コーヒー館では美味しいコーヒーを、そしてガラス工房ではとんぼ玉のアクセサリーをお買い上げ。

先にある有名な「金鱗湖」へ。湖のほとりには美術館やカフェ、ショップが並び、それらが水に映る風景は何とも言えない美しさです。昔、竜が住んでいたという伝説もあり、この湖に朝霧が立ち込める写真は由布院を代表する風景です。

彼岸花の咲く向こうにかや葺きの屋根の(ホテルの)別館があり、「こんな所にお泊りしたいね~!」って話ながら歩きました。やはり日帰りではなくてゆっくり宿泊で来たい町です。

また、帰りの道は行きと同じ、山の上は霧雨、でも熊本に着く頃は晴れてました。

昨日は楽しい1日でしたが、今日はやはりダラダラと過ごしてます(乗ってるだけの私がこうだから、主人は仕事ちゃんとやってるかしら・・?ちょっと心配)。

昨夜は冷えたので、今日は天気も良いしちょっと早いけど毛布を干しちゃいました!

秋バテしないように・・。

9月もあと10日を残す今日ですが・・・。朝夕は涼しくなったものの、まだまだ昼間は真夏日・・「暑い」です。

今月12日に、お嫁ちゃんの御両親と共に招待されて、夏樹の百日(ももか)祝いを無事に終わりました。

息子夫婦が段取りやお料理の準備もやってくれて、(本人はまだ何も食べませんが)私達はたくさんの御馳走を頂き超満腹、両家のじいじ&ばあばとしては、これからの成長が楽しみです。見るたびに表情が豊かになり、大きな声でお語りしたり笑ったり・・・(あ~すみません、夏樹の話になると終われなくなっちゃいます)。

さてさて、3連休も終わり・・「夏の疲れ」が出る頃ではないでしょうか?

「夏バテ」って言われるけど、本当は秋の始まりの頃に夏の疲れがでて、色んな不調を訴える人が多いそうで、つまりは「秋バテ」なんですね。若い頃はそうでもなかったけど、やはり『年』のせいか・・?体がだるかったり、眠かったりって事あります。

 一日のスタートは「朝食」・・これ大切ですよね。我が家の朝食は基本的に和食、ご飯&味噌汁の組み合わせです。外で頂く味噌汁は、喉通りを良くする程度の具でシンプルな物が多いですが、我が家は具沢山。朝からは、あまり食欲ないのでこの味噌汁に栄養を託してます。

時間がある時に、カボチャや唐芋、オクラなどレンジで加熱して、ひと口大の物をジッパー付の保存パックに入れて冷凍しておきます。普通に油揚げや豆腐などの入った味噌汁に入れるだけ。

今年は新しい仲間が入りました「モロヘイヤ 」・・・ネバネバ食材にはムチンという栄養素が高く体にいい事は知られてます。

こちらは、サッと湯がいて小分けにして冷凍しておき、味噌汁に入れる前に刻んで入れます。

出来上がった味噌汁です(見かけはキレイではありませんが・・栄養豊富です)

☆写真は写してませんが、ご飯は・・・もちろん雑穀米入りの物です。

やはり家族の健康管理は主婦の仕事(なーんちゃって)!!基本的に手抜きは得意ですが、「朝食は手を抜かない!」これはずっとやってきた事です・・・お陰で皆健康に育ってくれました。

               

悲しいお別れ・・

昨日は、親しくしてる友人のお母様のお葬式でした~(享年82歳)。

実は、先週も友人のお母様が亡くなられてお葬式に参列したばかりだったのです。先週と今週のこのお2人も友人同士で、お互いの母親の葬儀に参列してより深い悲しみだったと思います。お葬式の後友人6人で昼食を取ったけど、話題はやはり親の事。6人のうち両親いない人3人、お父様だけ健在1人、お母様だけ健在1人、両親揃って元気なのは・・私1人でした。皆、「親っていてくれるだけで安心する存在。もういないと思うと・・・悲しいよ。大切にしなさいよ」って言われました。

帰ってから『親孝行・・・してるかな~?』って改めて考えたりしてる所に、ケータイメールの着信音が・・・母からでした。「お芋を煮ました、今夜の一品に・・いかが?」。去年、両親がうちから車で4~5分、熊本駅にも歩いていける便利のいいマンションを購入、引越して来てからは「おかず交換」も頻繁にやってます。「同居」ではなくて「近居」・・・何かあった時にすぐに行ける距離、これがいいみたい!それまでは同じ市内でも片道1時間近くかかっていたので今はほとんど毎日顔を合わせてる感じ。                                                       「近居」になって高齢の両親を助けるつもりだったけど未だにこうやって助けられたり・・・(笑い)してます。素朴なお芋料理だけど主人の大好物、考えてみれば素朴なだけにかえって私達は作らないので有り難く頂きに行き、お茶して帰りました。

私達の親達は皆、青春時代を『戦争』と言う「生きるか死ぬか」の厳しい状況下で過ごして来た世代。オシャレや贅沢はもちろん、皆が命がけで生きて、頑張って復興したお陰で今の平和な私達の生活があるのです。

この夏、『消えた高齢者・・・』などというミステリアスな見出しが付けられ、ショッキングな事件が次々に発覚した事は記憶に新しいと思いますが、何ともいえない悲しい気持ちになりますね!親子のつながり一体どうなってるんでしょうか?

両親には、いつまでも、元気で長生きして欲しいと思います。

夏樹とデパートへ・・。

5月に生まれた孫の夏樹ももうすぐ4ヶ月。 

今週末、『百日』(お食い初め・箸はじめ)のお祝いなので、離乳食の食器を買いにデパートへ。

5月に生まれて今年の夏のこの暑さ・・・季節がいいならベビーカーでお散歩など出来るのに、ほとんど外に出られずに過ごしていたのです。でも最近はスーパーやちょっとしたお出かけは車で出かけて、着いたらベビーカーに乗せたり、抱っこバンドで連れて行ってるそうなので、お嫁ちゃんと3人で初デパートへ行きました。

まぁ、本人は「ここがどこなのか?何しに来たのか?」分からずに、大好きな車に揺られていたので気持ちがいいのか?ご機嫌でした。店員さんからは「可愛いお嬢さんですね」って女の子に間違われたり・・。離乳食の食器も有田焼の立派な(ままごと道具の様な可愛い)セットもあったけどお値段も立派。まぁ一般的なセットをお嫁ちゃんと選び、お買い物は終了。

・・でもベビー服コーナーを見ると、やはり可愛いお洋服が並んでるので、ばぁばとしては、ちょっと買わずに通過できない!!上下のセットを買ってあげちゃいました。

「この調子ならランチも行けそう!!」と和食のお店でランチを頂いて、地下で今夜のおかず(デパートに行った日はほとんどですが・・・)を買って駐車料金精算へ~。夏樹は抱っこバンドでスヤスヤ眠り、ママはちょっとお疲れ気味でした。

私達が子育てした時代は、おむつ交換や授乳の場所など、困ったものでしたが、今授乳室が完備されてカーテンで仕切られて個室でゆっくりと授乳など出来るので恵まれてるな~って改めて感じました。

夏樹がデパートデビューを無事果たした、楽しい一日でした。

・・お宅拝見・・♪

今日から9月・・少々単純ですが、:lol: 気分だけでも涼しくなった気がするのは私だけでしょうか??

昨日、友人のお宅(7月完成)にお邪魔しました。「お昼を御一緒に・・・」と言って下さったので、「お言葉に甘えて」」5人でお出かけしました。同じ土地に『建て替え』なので、今年の冬、仮住まいに引越し~以前の家を取り壊し~今回の家を新築~引越し。と一連の大仕事を終えてホッとされてる所です!

200坪を超える土地に、古民家風でシックな中にモダンな家!~まるでTVで見る「お宅拝見」に出てきそうなお宅でした。外構、庭造りはこれからだそうで一体おいくら万円かかるのやら??(悲しい事に庶民感覚の私はついそんな事考えちゃいました!)

玄関・・広さ6畳以上はあります、2階から明りが入るように天井が一部ガラス張り。

リビングは落ち着いた色の中に、ソファーの渋めの赤がポイントになってオシャレ!

天井は全てこんな感じ。

日本の風土に合った造りだからでしょうか?天井が高いので、さほど暑さを感じないなんだかホッ落ち着く家でした。細部に渡って家人のこだわりを感じ、大工さんの手の込んだ作業が伝わるお宅でした。

お邪魔した私達、皆『あー、家に帰りたくない』って口々に言いました。

暑さのせい(?)で、ほとんどと言っていいほど家の掃除をサボり続けていたこの夏、ボチボチ「これではいけない!!」掃除のスイッチ入れなければいけないみたいです。でも、まだまだ暑い!ノダ!!


Back to Top ↑